連載・コラム

ブログ: 堀越裕歩の「小児感染症科はじめて物語」

ブログ: 堀越裕歩の「小児感染症科はじめて物語」

連載の紹介

カナダでの2年の臨床留学から帰国し、小児専門病院で与えられたミッションは「小児の感染症科の立ち上げ」。手指衛生の徹底から始まり、時には抗菌薬処方をめぐって衝突…。国際標準の小児感染症診療を日本で実践する中での奮闘をご紹介します。

著者プロフィール

堀越裕歩氏(東京都立小児総合医療センター感染症科)●2001年昭和大卒。沖縄県立中部病院、昭和大学小児科、国立成育医療センター(当時)などを経て、08年7月カナダ・トロント小児病院にクリニカルフェローとして留学。10年8月から現職。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 専門性に固執し「潰しが利かない」キャリアに 特集◎医師人生「後半戦」の落とし穴《7》転職
  2. いつの間にか職員の心が離れ…その理由は? 特集◎医師人生「後半戦」の落とし穴《8》診療所の人事労務管理
  3. なぜ一度始めた生命維持治療はやめられないのか 大阪市総合医療センター緩和ケアセンター長の多田羅竜平氏に聞く
  4. 経口可能なGLP1作動薬、心血管リスク増加せず 学会トピック◎第79回米国糖尿病学会学術集会(ADA2019)
  5. 三大死因に「老衰」が初ランクイン ニュース◎死因病名に「肺炎」ではなく「老衰」と記載する医師が増加か?
  6. 教師も外科医も実践する「責任のシェア」とは 記者の眼
  7. 「即戦力」と期待の新人が3カ月で辞めた理由 院長を悩ます職員トラブル大研究
  8. DPP-4阻害薬とSU薬の直接対決、その勝者は? 学会トピック◎第79回米国糖尿病学会学術集会(ADA2019)
  9. 過去とは状況が異なる現在のエボラ大流行 コンゴのシニア・メディカル・アドバイザー、カシンスキー・リチャード氏に聞く
  10. 人体の神秘? こんな私も3年目 みちよのナース道
医師と医学研究者におすすめの英文校正