連載一覧

連載: 多江和晃の失敗しない!?訪問看護ステーションの創り方

多江和晃の失敗しない!?訪問看護ステーションの創り方

連載の紹介

「最期まで在宅で暮らせる環境を提供したい」ー。そんな思いから土日祝日も運営することをモットーに訪問看護ステーションを立ち上げ、事業拡大を進めてきた多江氏。「人こそすべて」と語る敏腕経営者が、人材マネジメントのノウハウを、自身の“失敗談”も交えて綴ります。

著者プロフィール

多江和晃氏(Life On Vital Element代表取締役)●たえ かずあき氏。福井赤十字看護専門学校卒業後、福井赤十字病院、順天堂大附属順天堂医院などを経て、2007年に起業。現在、都内城南地区を中心に訪問看護事業所8拠点、居宅介護支援事業所等、計11拠点を運営し、14年にフィリピン支社開設。

Information PR

ピックアップ

訪問看護特定行為研修

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

看護師ランキング

  1. 看護師に転向する我らが救命士たちに贈る言葉 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:115
  2. 補助人工心臓が「死ぬまで使う」医療機器に トレンド◎適応拡大で対象が3倍に? ACPの進め方など新たな課題も FBシェア数:327
  3. ロボット補助PCI、久留米大で国内初症例施行 Hot Topics◎循環器領域のロボシステムが稼動開始
  4. がん終末期では体が欲する食事量を尊重すべし 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:487
  5. 陰性感情をコントロールするスキルを獲得しよう 診断エラー学のすすめ
  6. 救急救命士が看護師に転向する理由 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:0
  7. 仕事は減らさず「負担感」だけを減らす! 3つのお… 働く仲間を楽にする ナースのための人間関係メンテナンス術
  8. 無症候性高尿酸血症への安易な薬物療法はNG リポート◎FDAが「フェブキソスタットはアロプリノールよりも死亡リスクが高い」と警告 FBシェア数:201
  9. てんかん発作を感知し抑制するデバイス普及へ トレンド◎てんかんやパーキンソン病を電気刺激で治療 FBシェア数:369
  10. 爪が黄色くなったら剥離か真菌症 佐藤俊次の「毎日使うダーモスコピー!」
医師と医学研究者におすすめの英文校正