連載一覧

連載: 木澤晃代の救命救急の現場から

木澤晃代の救命救急の現場から

連載の紹介

“特定行為に関わる研修修了者”として救急領域で実践活動を行っている筆者が、臨床現場のさまざまなエピソードを基に、看護業務のあり方、さらには仕事と家庭との両立、専門性の追求といったナースのキャリアに対する想いを綴ります。

著者プロフィール

木澤晃代氏(筑波メディカルセンター病院看護師長)●きざわ あきよ氏。1997年から筑波メディカルセンター病院勤務。ICU・救急外来勤務を経て、2004年救急看護認定看護師資格取得。08年東京女子医大大学院卒業、急性・重症患者看護専門看護師資格取得。11年特定看護師(仮称)養成施行事業実施課程、12年看護師特定行為・業務試行事業を経て、臨床現場で活躍中。

Information PR

北海道で発生した地震の影響により、日経メディカル、日経ヘルスケア、日経ドラッグインフォメーション各誌の2018年9月号のお届けに一部遅れが生じます。ご理解のほどお願い申しあげます。

ピックアップ

特定行為研修訪問看護師

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

看護師ランキング

  1. 外来患者自殺で開業医有責、現場で高まる懸念 リポート◎東京高裁が1審覆し自殺企図患者への対応の過失を認定
  2. 看護師ができないなら、俺たちがやろう! 特集◎忘れられないカルテ
  3. 「看護師の枠」にとらわれない働き方とは? 看護師キャリアの曲がり角
  4. どうします? 高齢者救急で遭遇するモヤモヤ 短期集中連載◎なぜ今『救急×緩和ケア』なのか part II
  5. 共感されないエピソード 病院珍百景
  6. 新高血圧GL、日本は基準値140/90維持の方針 学会トピック◎第41回日本高血圧学会総会
  7. そろそろ「血液サラサラ」やめませんか? Inside Outside
  8. ナースの就職、退職の壁 病院珍百景
  9. 「先生、すごいですね」は一人前と見なされていない… シリーズ◎忘れられないカルテ
  10. クラビットにビオフェルミンRはOK!? セキララ告白!個別指導
医師と医学研究者におすすめの英文校正