連載一覧

連載: 医学と看護の交差点でケアを考える

医学と看護の交差点でケアを考える

連載の紹介

クリニックで診る疾患、症状は多様で、治療がゴールにならない=「ケア領域」の患者さんが多くいます。医学だけでは太刀打ちできない中、医師が看護師などの他の医療従事者と力を合わせ、同じ方向を向いて患者さんと向き合う機会は、実際にはそれほど多くないのではないでしょうか。本連載では、内科開業医である著者が医学と看護の交差点に立ち、過去の知見の分析と臨床知から、医療の形を見直します。

著者プロフィール

いしはら ふじき氏●信州大学医学部医学科、同大学院卒。医学博士。信州大学医学部老年内科(内分泌内科)助手を経て、1998年より六号通り診療所(東京都渋谷区)所長。2015年10月より北品川藤クリニック(東京都品川区)院長。著書に『誰も教えてくれなかった くすりの始め方・やめ方』『健康で100歳を迎えるには医療常識を信じるな!』。趣味は演劇とマジック。

Information PR

ピックアップ

特定行為研修訪問看護師

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

看護師ランキング

  1. 「なりたくてなったわけじゃない」看護師が自分らし… キャリアお悩み相談室
  2. 好機! 「入退院支援」が新たな収入アップの道 日経ヘルスケアon the web
  3. あなた、本当に子どもを医者にしますか? 記者の眼
  4. 走り続けた看護師の職を離れて キャリアお悩み相談室
  5. 主訴便秘、腹部X線で見えた不透過像の正体 西野徳之の「実践! 消化器ローテク診療」 FBシェア数:142
  6. 主訴<頭痛>の救急患者への対応法 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論
  7. 「私はどこへ行けばいいんでしょう?」と患者に言わ… シリーズ◎忘れられないカルテ
  8. 「このクリニックに転職したい!」の意外な理由 キャリアお悩み相談室
  9. 30歳男性。深夜3時からの吐き気と心窩部痛 日経メディクイズ●救急
  10. GLP-1受容体作動薬は心血管リスクを減らすか 糖尿病治療のエビデンス FBシェア数:30
医師と医学研究者におすすめの英文校正