連載一覧

連載: 平方眞の「看取りの技術」

平方眞の「看取りの技術」

連載の紹介

国内に数少ない緩和ケア専門病院で副院長を務める筆者が、これまで1500人以上の患者を看取ってきた経験を基に、患者・家族をより良い死へと導くための技を紹介します。癌などの基礎疾患を抱えていても「最期は老衰を目指す」というのが、筆者の診療スタンス。そのノウハウとは――。

著者プロフィール

1990年山梨医科大学(現山梨大学)医学部卒業。武蔵野赤十字病院、町立厚岸病院、自治医科大学血液内科を経て、1994年に諏訪中央病院に着任。96年頃から訪問を中心に緩和ケアを開始し、98年に緩和ケア担当医長に就任。2009年から愛和病院副院長。著書に『看取りの技術』(日経BP社)がある。

Information PR

ピックアップ

特定行為研修訪問看護師

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

看護師ランキング

  1. 手代木社長に聞く、ゾフルーザの出荷調整の理由 厚労省発表では、ゾフルーザの供給量は約40.8万人分
  2. インフルエンザ診療に迅速検査キットは必要? 岡秀昭の「一般外来で感染症をどう診る?」
  3. 指導者泣かせの新人 病院珍百景
  4. 「お楽しみ程度の経口摂取を」で本当にいいの? 吉松由貴の「誤嚥性肺炎、診療の知恵袋」
  5. 看護師のメイク事情 こんな私も3年目 みちよのナース道
  6. アドレナリンが効かなかったワケ アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり
  7. 意思を確認できない患者の情報はどこまで開示可能? 特集◎これってコンプライアンス違反?《8》家族への情報開示
  8. 元会社員ナースの私が驚いたこと 病院珍百景
  9. ガイドラインが変わり過ぎる米、変わらない日本 記者の眼
  10. 「老衰」って何だろう? 短期集中連載◎なぜ今『救急×緩和ケア』なのか part III
医師と医学研究者におすすめの英文校正