連載一覧

連載: 平方眞の「看取りの技術」

平方眞の「看取りの技術」

連載の紹介

国内に数少ない緩和ケア専門病院で副院長を務める筆者が、これまで1500人以上の患者を看取ってきた経験を基に、患者・家族をより良い死へと導くための技を紹介します。癌などの基礎疾患を抱えていても「最期は老衰を目指す」というのが、筆者の診療スタンス。そのノウハウとは――。

著者プロフィール

1990年山梨医科大学(現山梨大学)医学部卒業。武蔵野赤十字病院、町立厚岸病院、自治医科大学血液内科を経て、1994年に諏訪中央病院に着任。96年頃から訪問を中心に緩和ケアを開始し、98年に緩和ケア担当医長に就任。2009年から愛和病院副院長。著書に『看取りの技術』(日経BP社)がある。

Information PR

ピックアップ

特定行為研修訪問看護師

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

看護師ランキング

  1. 職員がタブレット端末を破損、弁償させられる? 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:21
  2. 尿取りパッドの流儀 病院珍百景
  3. 「看取りのドゥーラは、終末期医療に必要な“寄り添… インタビュー◎近藤和子さん(マザーリング&ライフマネジメント研究所所長、看護師)
  4. 米コレステロール管理GL、5年ぶりに改訂 学会トピック◎米国心臓協会学術集会(AHA2018)
  5. 心不全緩和ケアは普及期に入りました シリーズ◎座談会「心不全緩和ケア時代と医師の役割」《1》
  6. 日本医大の医師が肺結核、11人から陽性反応 接触者健診の対象となった患者や病院職員の発病者はなし
  7. 私の特技!? こんな私も3年目 みちよのナース道
  8. 訪問看護のイメージギャップ、その根底には… 看護師キャリアの曲がり角
  9. 冬に10mmHg上がる人は心血管リスクが2倍に リポート◎血圧の季節変動は独立した危険因子
  10. 若い勤務医との飲み会で「開業医への不満」続々 はりきり院長夫人の“七転び八起き”
医師と医学研究者におすすめの英文校正