連載一覧

連載: グローバル看護 七転び八起き

グローバル看護 七転び八起き

連載の紹介

訪日外国人・在留外国人の増加に伴い、看護師が日本とは全く違う文化圏の患者に対応することも珍しくなくなっています。このコラムでは、看護師と患者の「文化の違い」に着目し、外国人患者対応でトラブらないための具体的な対応方法を学びます。

著者プロフィール

二見茜◎ふたみあかね氏。国立国際医療研究センター特任研究員。音大卒業後、日系航空会社を経て、2013年聖母大学看護学部国際看護学専攻(現・上智大学人間科学部看護学科)卒業。2015年に国立国際医療研究センターに開設された国際診療部で、年間1000件以上の外国人患者症例の対応に奮闘する。趣味は料理で、訪日外国人向け料理教室の講師も務める。2017年4月より現職。

Information PR

ピックアップ

特定行為研修訪問看護師

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

看護師ランキング

  1. 水分摂取量増加で膀胱炎の再発は減らせる JAMA Intern Med誌から FBシェア数:269
  2. 入試不正の存在を以前から知っていましたか? 特集◎波紋広がる東京医大の入試不正事件《4》卒業生アンケート
  3. 不眠治療で大事な「3つのP」とは 三島和夫の「知って得する睡眠臨床」
  4. チール・ニールセンは『ウォーリーをさがせ』 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:36
  5. 抗インフルエンザ薬ゾフルーザ、迅速に症状緩和 インフルエンザ診療Next:トピックス
  6. 被災地に救急車で駆け付けた我が救急救命士 木川英の「救急クリニック24時」
  7. 「病院病床バブル」はいつまで続くか? 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:33
  8. 解決できない問題に遭遇、あなたならどうする? シリーズ◎忘れられないカルテ
  9. あなた、本当に子どもを医者にしますか? 記者の眼 FBシェア数:47
  10. 炭水化物摂取率と死亡率の関係にU字カーブあり 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎LECTURE
医師と医学研究者におすすめの英文校正