福利厚生や納税など ビジネス・カードを積極活用

 鈴木理事長がアメリカン・エキスプレスのビジネス・カードの導入を決めたのは19年。主な理由は2つあった。高額な法人税などの納税をカード決済できることと、カード決済で貯めたポイントをマイレージに還元して、職員のハワイ研修の交通費に充てるためだ。

 「アメリカン・エキスプレスのビジネス・カードは提携航空会社が多く、ポイントのマイル還元率が高い。また、高額な納税のカード決済でも利用可能枠の増枠に柔軟に対応してくれるということで即決しました。アメリカン・エキスプレスのカードはもともと個人でも使用していますが、そのセキュリティの高さも大きな導入理由でした」と鈴木理事長は言う。

 ビジネス・カード導入前は、小口現金での支払いが多く、経理・会計処理が煩雑だった。だが、導入後は経理業務が軽減され、仕事の効率化、業務改善につながっているという。

 ビジネス・カードによる決済を利用しているのは、納税以外では、主に手術で使用する医療機器や医療材料、リハビリ機器などの購入だ。これらはアメリカン・エキスプレスの加盟店である協和医科器械株式会社(本社:静岡市)から仕入れている。購入費はグループ一括でカード決済しており、銀行の手数料のコストダウンにもつながっている。その他、消耗品や備品の購入、グループウエアのクラウドサービスのライセンス料もカードで決済している。

 鈴木理事長は「広告費や通所リハビリの送迎のためのタクシー代の支払いなど、カード決済が活用できるシーンがさらに広がれば」と期待している。

 また、R&Oグループでは入院費をカード払いすることができ、患者さんに喜ばれている。つまり、同グループはアメリカン・エキスプレスのカードのユーザーでもあり、加盟店でもある。

 今後の取り組みについて鈴木理事長は次のように語る。

 「経理書類の電子化、ペーパーレス化を進めたいと考えています。キャッシュレスやペーパーレスを推進してアメリカン・エキスプレスのビジネス・カードを利用する企業が増えれば、お互いの業務を軽減することが可能で、Win-Winの関係を築くことができます」

 鈴木理事長がいま重視しているのは、R&Oグループの「ブランディング」である。目指すは静岡市の病院でのナンバーワンブランドだ。社会貢献事業などを通した地域の活性化にも邁進中。夢は1万人規模のアリーナをつくり、そこにスポーツ専門のクリニックを開設することだという。

*通常よりも高額のご利用を予定されている場合は、事前承認手続きをおすすめしております。
お手続きやお問い合わせは事前承認係までご連絡ください。

アメリカン·エキスプレスの
ビジネス·カードは

医療分野に特化した医療チームが
活用をサポート

 アメリカン・エキスプレスの法人営業チームには医療分野に特化した専門の「医療チーム」がある。医療機器や医療材料などを中心に様々な支払いをカードでまとめ、貯まった ポイントによるコスト削減や福利厚生の充実、経費処理の効率化を提案している。
 同社法人カード営業本部医療チームの担当者によると、医療業界に明るい専任の担当者によるサポートが好評を得ているという。医療チームは東京、名古屋、大阪、福岡に営業所を展開しており、そこで全国の医療機関をカバーしている。

アメリカン・エキスプレスの「医療チーム」がお手伝いできること

カード決済への切り替えや納税など手間のかかる手続

助成金申請のお手伝いや電気代などコスト削減の提案、加盟店の紹介

集客のお手伝いなど、業務効率化の幅広いソリューションの紹介

 今後の展望について、同担当者は次のように語る。「ビジネスパートナーとして病院・クリニック経営をサポートします。導入していだければ必ずメリットが感じられるビジネス・カードをより幅広く活用できるよう新たな加盟店を開拓していきたい」。

医療機器や医療材料の仕入れなど
様々な決済で使用可能

業務委託

業務委託

委託費

臨床検査費
寝具・リネン費
人材確保費
社宅費

仕入れ

仕入れ

材料費

医療機器
医療材料
医療消耗品
給食材料

管理・運営

管理·運営

一般経費

光熱費
通信費
消耗品費
消耗器具備品費
設備費

出張・交際・研究研修

出張·交際·研究研修

出張交際費·
研究研修費

交通費
宿泊費
交際費
会議費

税金

税金

国税·
一部地方税

法人税
源泉所得税
消費税

アメリカン・エキスプレス・
インターナショナル,Inc.

東京都港区虎ノ門4-1-1

americanexpress.co.jp

アメリカン・エキスプレスの
ビジネス・カードに関する
お申し込み、お問い合わせ、
医療チームへのお問い合わせは

0120-907-764

(通話料無料
/9:00~18:00/土日祝休)