薬事の”信頼”の鍵を握るスピーチプライバシー
about SPS CASE STUDY1 CASE STUDY2 CASE STUDY3
スピーチプライバシーとは?
開発者INTERVIEW
CASE STUDY1 クオール薬局港北店
CASE STUDY2 ツルハドラッグ
CASE STUDY3 そうごう薬局 西国分寺店
ヤマハ スピーチ プライバシー システム
デモルームで体験セミナーを開催
*マスキング効果は、マスキング音量と会話の声の大きさ、周囲の環境条件によって異なります。本製品は一定のマスキング効果を保証するものではありません。
株式会社ツルハ 取締役 常務執行役員 調剤運営本部長 薬剤師 後藤 輝明氏 服薬指導環境を工場するスピーチプライバシー
リード文 ツルハドラッグ 写真は調剤薬局ツルハドラッグ元町駅前店。
会話による情報漏洩を防ぎたい
 「お客様の生活に豊かさと余裕を提供する」という理念を掲げ、さまざまな取り組みを展開するツルハ。健康は“豊かさ”を、ドミナント強化は時間の“余裕”をもたらすという発想のもと、年内1000店舗のドラッグストア出店を計画中だ。

テレビ電話による遠隔健康相談「Health Network System」の実証実験を北海道、東京の5店舗で実施。自己採血によるメタボ診断や食事・生活指導も行う。 また最近では、北海道大学大学院保健科学研究院と協力し、ネットワーク経由で遠隔健康相談を行う「Health Network System」の実証実験を開始するなど、新しいビジネスモデルの構築にも意欲的。

 そのツルハが、現在力を入れているのが、「スピーチプライバシー」である。

 スピーチプライバシーとは、会話による個人情報漏洩を防止することをいい、近年多くの薬局や病院が関心を寄せている。なかでも、ツルハ取締役常務執行役員の後藤輝明氏は、数年前からその対策に頭を悩ませていたという。

 「とくに精神科や婦人科の領域は、会話の内容も非常にデリケート。他の人に聞かれたくないという思いから、患者さんが言葉を濁すケースも少なくありません。しかしハイリスク薬などの処方においては、患者さんの状況を把握していないと危険が伴います。服薬指導の観点からも、スピーチプライバシーは重要な課題だったのです」

 とはいえ、投薬カウンターを個室にすれば、今度は透明性が失われる。ほかの患者さんから何をしているかが見えて、なおかつ会話情報の漏洩は防ぐ方法はないだろうか──。そう考えていたときに出会ったのが、「ヤマハ スピーチ プライバシー システム」だった。
人に優しいマスキング手法
 きっかけは、小さな新聞記事。そこで紹介されていたヤマハの「情報マスキング」という新技術に閃くものがあったという。

 「実は、サウンドマスキングを使ったシステムは以前にも試したことがあったんです。これはノイズを流して会話を聞こえなくするというもので、それなりに効果はあったものの、マスキング音自体がうるさくて、結局導入を見送りました。ところが、ヤマハの情報マスキングという手法はノイズではなく、人の声から合成した音で会話情報を隠すという。その効果をいち早く試したく、すぐに試験導入を決定しました」

 導入先は、プライバシー意識の高い顧客が多い、ツルハドラッグ白金台店。導入の成果はすぐに現れた。
設置はカウンター下の床にポンと置くだけ。大がかりな工事も不要で導入も容易。写真は調剤薬局ツルハドラッグ元町駅前店での設置例(テスト設置時)。

 「ヤマハ スピーチ プライバシー システムから流れてくるのは、人の声を基にした音や川のせせらぎといった心地よさに配慮したサウンド。それを適切な場所で再生するだけで、話している内容が聞き取れなくなるんです。これには本当に驚きましたね」

 この実証実験については口コミで近所に広がり、今では多くの患者が同店のスピーチプライバシーへの取組みについて知っているという。

 「おかげで、患者さんも安心して自分のことをお話ししてくださるようになり、服薬指導の向上にもつながっています。また来店される患者さんの数も目に見えて増えてきていますね」

 実証実験で手応えを得たツルハでは、今後首都圏店舗を中心に、順次「ヤマハ スピーチ プライバシー システム」の導入を検討しているという。

 「非常にコンパクトなので、どの店舗にも違和感なく置ける。大がかりな工事も不要で、カウンター下に設置するだけ。小さな店舗からドラッグチェーンまで幅広く対応できるため、いずれは多くの調剤薬局で活用されていくのではないでしょうか」

 薬局におけるスピーチプライバシーの重要性は今後さらに高まっていく。後藤氏の言葉は、まさにそれを予見するものだった。
case01
next
YAMAHA
ヤマハ株式会社
スピーチ プライバシー システム
製品・ご購入相談センター
〒108-8568 東京都港区高輪2-17-11
TEL.03-5488-6844
受付時間 9:00〜12:00/13:00〜17:00
(土・日・祝日、ヤマハ休日を除く)
※トップの写真はクオール薬局城山トラストタワー店の店内。
 写真はテスト設置時で、現在VSP-1はありません。