Siemens President's Voice vol.2
総合的なソリューションの提供により医療のさまざまな課題を解決
医療現場におけるワークフローの向上とコスト削減は、医療の質を高め、病院経営の健全性を高める上で大切なテーマと言える。シーメンスの革新的なソリューションと導入によって生じる効果、さらには未来への展望を、シーメンスグループ日本代表でありヘルスケアセクターリードでもある織畠潤一が語った。

医療現場のワークフローを向上させ病院経営に関わるコストを削減

 シーメンスは高い技術力をもとに革新的なソリューションをご提供しています。予防・早期発見から診断、治療、継続的ケアまで、ヘルスケアのすべてのフェーズをサポートすることで、医療の質を高め、患者様のQOL(Quality Of Life)向上に貢献することが私たちの使命です。
 私たちのソリューションは医療現場のワークフローを向上し、コスト削減に貢献します。それにより、医療の質の向上と健全な病院経営が実現すると考えます。
 その例の一つが、画期的な画像解析ソリューション「syngo.via」です。syngo.viaは検査オーダーから、読影、レポート配信にかかる時間を大幅に短縮します。画像解析処理をハイスペックなサーバー側で行い、3D画像も自動生成。症例に応じた画像データやレイアウトも自動選択し、最適な表示を行います。読影する放射線科医は即座に読影を開始できるため、ワークフローが大幅に向上します。導入された病院の先生から「導入前と比べ約1.5倍の業務をこなすことができ、効率が良くなった」という感想をいただいています。また、3D造影CTの活用で、疑わしい症例に対する心臓カテーテル検査を減らすことができ、検査にかかるコスト削減と患者様の負担軽減を実現しています。
 もう一つの例が検体検査の総合システム「ディメンション ビスタ」です。シーメンスは業界に先駆け、1台の装置で複数の検査が可能な総合システムを開発しました。ディメンション ビスタは効率性、迅速性、信頼性を兼ね備えた理想の集約化を実現します。ワークフローが大幅に向上するため、スタッフの配置を最適化することが可能になり、医療の質と患者様のQOL向上、病院経営の健全化に貢献します。

Low Doseについて
イメージ 現代の医療では、低侵襲でありながら、高品質の画像を得られることが求められている。シーメンスは従来から、単に装置のスペックを高めるだけでなく、いかに患者様や医療に携わる方々に負担の少ない検査が実現できるかを考え、「CARE(Combined Applications Reduce Exposure)」コンセプトに基づき、各製品でさまざまな被ばく低減のための機能・アプリケーションを開発。安心して検査が受けられる医療の実現に注力している。例えば2管球を搭載し、超高速スキャンを実現したCT装置「SOMATOM Definition Flash」は通常の胸部X線検査なみの低被ばく量で心臓CT検査が可能だ。

教育、コンサルティングも提供お客様との交流を深める

 優れた知識と高い専門性を持つスタッフは質の高いチーム医療に貢献します。そしてチーム医療は医療の質を向上します。診断薬部門では、セミナーや勉強会などで、定期的に臨床上有用な学術情報を幅広く提供し、お客様から高い評価をいただいております。全国8ヶ所のショールームでは主要製品の常設展示をしておりますが、多忙な検査技師の方々が業務終了後に機器の見学ができるように、ご施設に近い場所においての機器展示フェアも定期的に開催しており、こちらもご好評をいただいております。さらに専門のコンサルティングチームがご依頼に応じて検査室のワークフロー調査をさせていただき、各ご施設ごとに最適な運用方法や効率的なワークフローを提案します。
 最適なソリューションを提供するためには、お客様のニーズを的確に把握することが不可欠です。私たちはお客様からの要望やアドバイスをドイツ本社の製品責任者へ直接伝えるため、定期的にアドバイザリーミーティングを開催しています。ここでの意見や感想、ニーズを海外の開発チームに伝え、製品の開発に活かしています。
 また、ブレストケアや心臓疾患などのテーマに基づくセミナーも開催しています。画像診断、検体検査の枠組みを超えた部門横断的なセミナーで、医師や技師の方々にそれぞれ関心あるテーマについてご講演いただいています。病院内で普段あまり接点のない職種の方々の間に交流も生まれ、たいへんご好評をいただいております。こうした試みを通じ、お客様とのコミュニケーションを深め、よりニーズに即したソリューションのご提供に努めています。

お客様から信頼されるソリューションパートナーへ

展示フェアの様子 お客様の信頼こそ成長の原動力です。だからこそアフターサービスには力を注いでいます。ソリューションを買っていただき納品するのはあくまで出発点。そのソリューションが長期に渡って適切に稼働することで医療の質が高まり、患者様のQOLが向上します。そうした長期間にわたる幅広い視点を持って総合的な体制を整備しています。
 お客様との接点を増やし、コミュニケーションを深めるために、人材への投資は惜しみません。今後もセールス、マーケティング、CRMをさらに強化するとともに、製品だけでなくアフターサービス、アプリケーション、教育、コンサルティングまでを含んだ総合的なソリューションを提供していきます。
 また、昨年のRSNAで発表された、世界初*の統合型全身用MR-PETシステム**の日本市場への投入が期待されます。MRIとPETの2つの技術が統合され、同時にデータ取得が可能になったことで、神経疾患、腫瘍性疾患、心疾患などの診断に大きな変革をもたらすと期待しています。今後もこうした革新的なソリューションの投入を継続していきます。
 そして、現代の画像診断では被ばくに対する関心が高まっています。患者様にとってだけでなく、検査や治療に携わる医療スタッフにとっても被ばくの低減は重要な課題です。シーメンスは他社に先駆け、製品の開発コンセプトに被ばく低減を掲げてきました。総合的な被ばく低減ソリューション「CARE」は、医療に係わるすべての人々に優れた医療環境と安心をもたらします。 これからもシーメンスはイノベーションを核としてお客様の業務の効率化をはかり、診療や病院経営の質を高めることができるよう事業を展開していきます。
 シーメンスは単に製品のベンダーではなく、お客様にとってソリューションパートナーとなることを目指しています。今後の病院経営の課題について、また医療現場でのワークフローの改善について、あらゆる場面でお客様からご相談いただけるパートナーとなり、そしてシーメンスのソリューションをお役立ていただくことが目標です。
 今後もお客様から信頼され、ソリューションパートナーとして認めていただけるよう努力を続けてまいります。そして、そうすることが医療の質を高め、患者様のQOL向上につながっていくと信じています。

*自社調べ(2011年8月現在) **国内薬事未承認

お問い合わせ
画像診断機器・治療装置
シーメンス・ジャパン株式会社
〒141-8644 東京都品川区東五反田3-20-14 高輪パークタワー
Tel : 0120-041-387

診断薬
シーメンスヘルスケア・ダイアグノスティクス株式会社
〒141-8673 東京都品川区東五反田3-20-14 高輪パークタワー お客様支援センター
Tel : 0120-543-455 (平日9 : 00〜18 : 30/土・日・祝日休)