試験結果

POET(Prevention Of Exacerbations with Tiotropium)試験の結果はERS(欧州呼吸器会議)で発表された。また、これらの結果は『New England Journal of Medicine』(2011年3月24日号)に掲載されている(Vogelmeier C, et al: N Engl J Med 2011; 364:1093-1103)。

COPDの増悪予防の新たなエビデンス、
チオトロピウムのCOPDの増悪リスク減少効果が示された

POET試験は、慢性閉塞性肺疾患(COPD;Chronic Obstructive Pulmonary Disease)患者を、長時間作用性吸入抗コリン薬であるチオトロピウム(商品名:スピリーバ)と長時間作用性β2刺激薬であるサルメテロール(商品名:セレベント) の2群に無作為に割り付け、COPDの増悪のリスク減少効果などを直接比較、評価を行った大規模臨床試験である(試験デザインはこちら)。

その結果、チオトロピウム投与により、COPDガイドラインの管理目標でもあるCOPD患者の増悪リスクを大幅に減少させることなどが示され、COPD治療におけるチオトロピウムの第一選択薬としての位置づけがより明確化された。(試験概要はこちら)。

表1 患者背景図1 試験薬中止例図2 初回増悪までの期間(中等度あるいは重度)図3 初回重度増悪までの期間(入院)表2 重篤な有害事象(発現率≧0.5%)

無作為割付例は7,384例で、そのうち試験薬が少なくとも1回投与されたのは7,376例(チオトロピウム群3,707例、サルメテロール群3,669例)であった(表1)。

12ヵ月間の試験期間中に試験薬を中止したのは、チオトロピウム群585例(15.8%)、サルメテロール群648例(17.7%)で、チオトロピウム群で有意に少なかった(ハザード比0.88;95%CI 0.78-0.98、p=0.02)(図1)。

初回増悪までの期間は、サルメテロール群に比してチオトロピウム群で42日間有意に延長し、試験期間中の初回増悪発現のリスクは17%有意に低下した(ハザード比0.83;95%CI 0.77-0.90、p<0.001)(図2)。

入院治療を必要とする重度増悪のリスクは、サルメテロール群に比してチオトロピウム群で28%有意に低下した(ハザード比0.72;95%CI 0.61-0.85、p<0.001)(図3)。

年間増悪回数は、サルメテロール群0.72に対してチオトロピウム群0.64と、相対リスクは11%有意に低下した(リスク比0.89;95%CI 0.83-0.96、p=0.002)。

入院治療を必要とする重度増悪回数は、サルメテロール群0.13に対してチオトロピウム群0.09と相対リスクは27%有意に低下した(リスク比0.73;95%CI 0.66-0.82、p<0.001)。

重篤な有害事象の発現は、チオトロピウム群545例(14.7%)、サルメテロール群606例(16.5%)で、発現頻度が0.5%以上の重篤な有害事象は表2のとおりである。

POET-COPD試験は中等症から最重症のCOPD患者においてCOPDの増悪に関して初めて薬剤間の直接比較が行われた試験であり、チオトロピウムはCOPDの増悪に関するすべての評価項目でサルメテロールよりも高い有効性を示した。
COPDの増悪は患者の死亡リスクや疾患進行に影響を与えることが知られているため、治療スタート時によりよいアウトカムを得られる最善の薬剤の選択が迫られる。POET-COPD試験の結果は、COPDの増悪リスク予防の観点からも維持療法における薬剤選択をサポートするものである。

試験デザインはこちら 試験概要はこちら