DI online closeup

今、考えるべき薬剤師のキャリアアップ。求められる薬剤師のスキルとは。

「在宅医療」を担う薬剤師の現在と未来。医療従事者としてのやりがいを追求するヒントとは。

株式会社マイナビ マイナビ薬剤師 キャリアコンサルティング部門 西日本エリア マネージャー/西村 尚志さん
 在宅療養への移行が促進される中、在宅医療サービスの質的向上や在宅を担当する医師の負担軽減などを目的に薬剤師への期待が高まっています。そんな中、「在宅医療」に、興味、関心のある方々も多いのではないでしょうか?

在宅医療における薬剤師の役割と期待いくつかの課題も顕在化

 「在宅医療」における薬剤師の業務とは、つきつめていくと医師や看護師と共にチームを組み、個人宅に出向いて、しっかりと患者さんと向き合いながらターミナルケアをしていくことが、その本質だと言えます。在宅医療では、患者さんの生活を維持するための医療、つまりホスピスの要素も入ってくるケースがあります。その時に、薬剤師としてどのような判断をしていくか、大きな責任が生まれ、やりがいを感じられる仕事です。このような業務は、従来の実習や職場環境では身に付けることができなかったことです。これから必要とされる新しいスキル・知識だという点が、在宅医療の関心の高さの背景にはあります。

 在宅医療といっても、老人ホームなどの施設もその対象になっていますので、実際の業務内容は様々です。正直なところでは、当初のねらい通りに在宅医療を実践できているところは、まだまだ少ないのが現実のようです。

 また、在宅医療を担当されている薬剤師さんは、患者さんの状況に合わせて、残業や休日対応も増えています。
時間拘束が多くなりますから、また、店舗運営を考えると、訪問中の対応のために、もう1人追加で雇用する必要性も出てきます。在宅医療を実施することで点数は増えますが、時間外勤務と追加雇用という難しさが経営の観点からも存在します。対応ケースによっては担当業務も異なり、実際の業務は薬の配達に近いことだけにとどまることもあるようです。

在宅医療に関心を持った時にこそ“キャリア形成”を再考する機会

 同じ会社の中でもエリアによって、在宅医療に携わる薬剤師の働き方は大きく異なります。転職希望者にとっては、簡単に判断できないものです。そのため、在宅医療に取り組んでいきたい転職希望者にとっては、配属される店舗の実態を事前に知っておく必要があります。

 「ご自身のキャリア形成をどのように考えていらっしゃいますか?」
 在宅医療を志す薬剤師さんにとって、私たちが最も重要視するポイントです。在宅医療は、どうしても時間外が発生しやすい仕事です。一方、患者さんのケアプランも考慮できる知識・スキルが必要になり、もちろん、チーム医療の一員として高いコミュニケーション能力も求められます。その分、医師と共に往診できる環境に入ることで、得られることは掛け替えのないものになるでしょう。現状では、待遇面よりも志を優先する方、医療従事者としてのやりがいを求めている方が、この職種を目指されています。

 私たちは、企業様に許可を得た上で、転職された方に入社後にアンケートをお願いしています。そこから在宅医療に携わっている方の声を聴くことができますが、実際には、『キツイ』という声もあります。もちろん、自らのスキルアップや目標とする将来像に近づくために、一生懸命に尽力されている方もたくさんいらっしゃいます。

転職後も満足して働いていただくためにマイナビ薬剤師だからできること

 このアンケートは、我々のサービスにミスマッチがなかったかを確かめることを目的にしたものです。そして、転職希望者様が、入社後にどうされているかを伺って、できる限りのケアをさせていただきたいとも考えています。紹介業としての役割は、転職希望者様の入社が成立した時点で終わりですが、実は、私たちはそのようには考えていません。

 私たちには、常日頃から自らに問い続けているテーマがあります。それは「満足度とは何か?」ということです。この背景には、医療系人材紹介サービスのご利用者の退職率、特に早期での退職率が他の業界と比べて高い現実があります。これは、ミスマッチが多いことが理由だと推測されます。しかしそれでは、私たちのような介在者が入る意味がありません。この現状を打破していくことが、私たちの使命であると言っても過言ではありません。

 私たちが職場に何度も足を運び、顔を出している理由はここにもあります。実際に行かないと職場の雰囲気や人間性は把握できません。転職時に検討する様々な条件に、私たちだけが把握してきた主観的な情報を組み合わせることで、長期的に満足して働ける環境を選んでいただけると信じています。

 採用時、企業との面接時間は短いですし、見学も限られた時間です。そこで、普段から弊社の担当が企業側の情報を把握している意味があります。さらに重視している点は、ご本人の希望の把握です。しっかりとした情報提供のためにも、転職希望者様へのヒアリングは深い内容に及ぶこともあります。代理人としてしっかりやらなければならないことだと考えています。

 さらに、充実した紹介求人数、コンサルタントの人柄、親身さという面で、多くの方から高いご評価いただき、満足しているという回答を得られているのだと思います。

 私たちは、今後も「在宅医療」の魅力や実態をお伝えしていくために情報発信していきたいと思います。そして、これからも業界の活性化、ドラッグストア・薬局や病院の経営のサポートのためにより一層尽力していきたいと考えています。
LINK集
LINK集
お問い合わせ先
マイナビ薬剤師
http://pharma.mynavi.jp/
0120-866-153(平日9:30〜20:30 土曜9:30〜17:30:日曜・祝日を除く)