DI online closeup

今、考えるべき薬剤師のキャリアアップ。求められる薬剤師のスキルとは。

求められる「マネジメント能力」とは。身に付けていくためのヒントをご紹介。

株式会社マイナビ マイナビ薬剤師 キャリアコンサルティング部門 マネージャー/丸田 綾希さん
 例えば、患者さまが「薬の数が違う」と、仲間の薬剤師にクレームを言ってきたとします。しかし実際には間違っておらず、原因は患者さんの勘違いでした。あなたが管理薬剤師の立場だったら、どのように対応しますか?

マネジメント能力とは職場を円滑に運営できる能力

 管理薬剤師として、どのように説明し、患者さんにご理解いただいて、その場を収めるのか。この時に必要なスキルは、現場を円滑に運営していくマネジメント能力です。
 マネジメント能力に長けている人の動きは、クレーム対応能力につながりますので、患者さんからのクレームも減っていくはずです。それは、指名される薬剤師へとつながるスキルです。患者さんがこなければ収益が上がりませんから、会社には必要とされる人物です。

 マネジメント能力のある人物を採用できれば、会社は自信を持った展開が可能になります。さらに、そのスキルを持った人物を軸とした店舗づくり、組織づくりになっていきます。キャリア採用は、新卒採用とは異なりますので、このような力が求められるようになってきます。

 また、「人間関係の問題」は、転職理由のラインキングで上位に挙がっています。どのように間に入って調整していくのかも重要なマネジメント能力になります。
 例えば、エリアマネジャーという立場で、ある店舗に合わない2人がいたら、自分の裁量権の中で対策を講じなければなりません。その時、最も悪い結果は2人共が辞めてしまうことです。双方が納得する形で異動を行うことで、2人とも会社内で活躍できる環境を整えるなどの「対応」が必要です。
 現場に通う中で目配りを怠らず、どのような個性の人物がいて、どのような仕事のやり方をしているかを把握できるからこそ、判断ができるようになります。

マネジメント能力とは会社の理念やビジョンを体現する能力

 A店ではできている接遇が、B店ではできていないことは、大きな問題につながります。エリアマネジャーとしては、両方の店舗ができるように導かなければなりません。それぞれの店舗の客層は異なるため、やり方には工夫が必要になるケースもあります。
 店舗の違いでサービスのばらつきがないようにすること。この薬局、この病院にくれば一律なサービスが提供できるようにしたい、という底上げができるくらいの力を発揮できる方々が求められています。

 マネジメント能力とは、経営管理のような能力と思われがちですが、決してそれだけではありません。会社の理念、会社の将来ビジョンを、どのように体現できるかという点も重要視されています。

 このようにキャリア採用においては、『現場をあなたに任せます』、という採用もあります。一方で、『入社後からマネジメント能力を身に付けさせていきます』という企業もあります。そこでは、先輩社員のマネジメントの方法を見て、理解して、覚えていくことができます。もし自分自身にはマネジメント能力が足りないなと思う方に対しては、「研修やマネージャー陣が充実している薬局」を紹介します。

マネジメント能力を身に付けていくために

 マイナビ薬剤師は店舗ごとに、信頼関係を気づき、会話を重ね、現場を見させていただくことで、求職者に有益な情報を常に集めています。科目や処方箋枚数、人員配置について確認することはもちろん、その店舗の年齢層や、上司に当たる方のキャリア、勤務年数についてもお伺いし、どのような考えをもっている方なのかを確認させていただいています。
 その方が、マネジメント能力に長けた方だったら、入社者の能力開発に直結するすばらしい環境だと言えます。
 事実、マネジメント能力とは現場で身につくものですから、転職希望者のご志向に合わせて、そのような環境をご紹介することなどで、新しいキャリアアップを支援していきます。
LINK集
LINK集
お問い合わせ先
マイナビ薬剤師
http://pharma.mynavi.jp/
0120-866-153(平日9:30〜20:30 土曜9:30〜17:30:日曜・祝日を除く)