トップへ戻る

  病院向け

MegaOakHR

NEC

  病院向け

電子カルテシステムER

ワイズマン

  診療所向け

ドクターソフト

油井コンサルティング

  診療所向け

Medicom-DP/X

三洋電機

  診療所向け

Dr. Pen Lite

オーダーメイドソリューションズ

  診療所向け

Hi-SEED

日立メディカルコンピュータ

  診療所向け

メディカルステーション

ビー・エム・エル

  診療所向け

MindTalk

アガペ

  診療所&病院向け

RAC-HP5 シリーズ

サンワサプライ

NEC

MegaOakHR(メガオークHR)

「安心・安全」が最大の価値
中・大規模病院向けシステム

日本電気株式会社
医療システム事業部
開発プロジェクトマネージャー
並川 寛和 氏

 NECの『MegaOakHR』は、従来の『MegaOak』に代わる電子カルテ製品で、オーダリングと電子カルテのシームレスな融合を実現するとともに、機能や操作性が大幅に向上している。

 『MegaOakHR』は、主に300 床以上の中・大規模向けのシステムで、従来のオーダリングや電子カルテ機能に加えて、施設間連携や将来的なEHRへの進展を目指している。

 開発にあたっては、「特に『安心・安全』に気を使いました」と当初は開発を担当し、現在はシステム導入を担当している垣内圭介主任は説明する。

 「例えば、画面でボタンをクリックする操作では、押し間違えによるミスを避けるため、相反する処理のボタンは離して配置しました。細かい修正ですが、これに対してお客様から、『使いやすくなった』『作業効率が上がった』という大きな反響をいただきました」。

 また、患者の取り違えを防止するために、カルテ上に性別や年代による顔アイコンをあてはめることで、顔写真がなくても最低限の識別を可能にするといった細かい心遣いがされている。興味深いのは、特許出願中の「履歴マップ」。診療履歴を時間軸状にマップ表示して、いわゆる「カルテの厚み」を画面に表現したものだ。患者の歴史を医師が直観的に把握するのに便利である。

 電子カルテならではの機能として採用されたのがフローシート。紙のカルテでは難しかった「診療情報の時系列表示」や「条件を設定した絞り込み」といった作業が、画面上で瞬時にしてできるようになり、患者の診察状況が素早く把握できるようになっている。

 病棟における医療スタッフの情報共有や、入院から退院までのスケジュールを管理するクリティカルパスにも大きな工夫が加えられた。新しく採用されたユニットパスでは、外来からのパス適用、患者の状態に合わせたパス変更が容易になっている。

 「入院後、術後に容体が変化して、当初のパスを変更する患者は少なくありません。そんなとき、臨機応変に診療プロセスを組み換え、いくつもの治療のルートを選択できるようにすることで適応率の向上を目指しました」と長峰敦開発企画マネージャーはその利点を説明してくれた。

 中・大規模病院ならではのセキュリティ対策も完備している。指紋認証やアクセスログによるセキュリティ管理のほか、患者の個人情報保護にも万全を期している。

 「カルテ閲覧には細かい制限をかけることができます。例えば、週に1 回だけ診察を担当する医師には担当の患者さんだけを閲覧できるようにするといった設定が可能です。これも、『安心・安全』に最大の価値を置いたシステムづくりの一環と言っていいでしょう」と並川寛和開発プロジェクトマネージャーは語る。

 『MegaOakHR』の新規導入に当たっては、多種多様な機能を持つ大規模なシステムなだけに、すべての機能を一度に導入するのは難しいかもしれない。しかし、同製品はそのようなケースを踏まえ、最初の段階では医事システムとオーダリングシステムを導入し、「それに慣れたとろで、電子カルテを追加導入するという方法もとれます」と語る。