【注目の新製品】医療現場のIT推進を担うキー・デバイスが登場! 看護師・医師のためのパソコン「タフブックCF-H1」

導入のメリットは何?業務別使いこなしガイド

医師×CFH1 激務は緩和された?ある勤務医の一日

AM8:00〜:回診

イラスト

CF-H1を持って病棟へ。わざわざカルテ棚に立ち寄る必要もなく、ベッドサイドで患者と会話しながら、電子カルテからPACS、看護記録まで自由に引き出して参照できる。投薬指示の変更なども、タッチパネルを使ってその場で入力。他の医師や看護師とリアルタイムで情報を共有できるため、別途口頭で伝えるなどの手間がない。

PM1:00〜:外来診療

イラスト

診察室ではクレードルにCF-H1を設置し、デスクトップパソコンとして使用。使い慣れたキーボード・マウスを使って電子カルテの記入をスピーディーに行える。紹介状や診断書の作成も、必要なデータを電子カルテから再編集してプリントアウトするだけ。投薬指示も直接入力するため、転記による処方箋の間違いも起こらない。

PM4:00〜:検査

イラスト

検査室へもCF-H1を携行。デスクに直に置いても、画面がちょうど見やすい角度になるよう、わずかに傾斜が付く。片手さえ空いていれば、この状態でペン入力も可能だ。CF-H1が体液などで汚染されても、消毒薬を使って清掃できるので、清潔を保てる。表面には凹凸も少なく、ふきムラも残りにくい。

PM7:00〜:カンファレンス

イラスト

カンファレンスには医師がそれぞれ自分のCF-H1を持って参加。電子カルテ、PACS、看護記録など必要な情報をその場で呼び出し、参照できる。過去の病歴・薬歴までさかのぼって調べることも可能。事前の準備は最小限ですむため、貴重な時間を節約できる。必要に応じて投薬指示の変更、検査の予約などもその場で済ませられる。

ヘルスケア業界×CFH1 あらゆる分野・業種に可能性が広がる

1:オーダリング

イメージ写真

院内のネットワークへ接続し、投薬指示をオンラインで確認。口頭や手書き伝票と比べ、伝達ミスを減らすことができる。

2:3点チェック

イメージ写真

CF-H1内蔵のRFIDリーダーやバーコードリーダー(オプション)で、看護師、患者、薬剤の3点を投薬前に確認。投薬ミスを防ぐ。

3:患者用端末

イラスト

清潔を保てるCF-H1なら、問診票やアンケートの記入用端末として患者が使用することも可能。転記の手間がなくなる。

4:クリニック

イラスト

診察室ではクレードルに接続してデスクトップパソコンとして使いつつ、病室へもモバイルパソコンとして持っていける。

5:健康診断

イラスト

移動検診車など、電源がとれない環境でも安心の長時間駆動。Windowsを起動したままバッテリー交換をすることもできる。

6:救命救急

イメージ写真

内蔵ワイヤレスWANで、どこでもインターネットへ接続。受け入れ病院の検索、バイタルサインの共有が可能。

7:検査センター

イラスト

データの記入・参照が片手で行えるのはペン入力ならではのメリット。体液が付着しても消毒薬で清掃できるため清潔を保てる。

8:薬局

イラスト

薬品棚の前に立ったまま、患者の薬歴や既往症を参照することが可能。電子天秤などと連携し、調剤ミスも抑止。

9:医薬品メーカー

イラスト

ラボでデータ管理を行う端末として。消毒薬でこまめに清掃することでコンタミを防ぎ、正確な解析を可能にする。

10:介護施設

イラスト

タッチパネルによる簡単操作で、高齢のヘルパーでも容易に操作できる。頑丈なので、取り扱いに神経質になる必要もない。

11:患者宅

イメージ写真

訪問診療・看護・介護などに。携帯性が高く、バッテリーも長持ちするため、複数の患者宅を訪問することが可能。

12:遠隔医療

イメージ写真

内蔵カメラで写真や動画を撮影。内蔵ワイヤレスWANでインターネットへ接続し、遠隔地の医師へ高速伝送。

タフブック&レッツノート情報サイト「ビジネスモバイル最強化計画」もぜひご覧ください

新型インフルエンザへの警戒も強まる中
東急病院は「院内感染」予防効果に期待

医療の現場に聞いたヘルスケア向けタフブックCF-H1

…ほか、タフブックCF-H1の情報を公開しています。

タフブックCF-H1の詳細は

タフブックCF-H1の資料をご希望の方は

0120-878655

ページのトップへ

動画で1分でわかるCF-H1

使いやすい!(21秒)
使いやすい!
頑丈!(14秒)
頑丈!
便利!(21秒)
便利!

訪問看護・救急医療に最適 ワイヤレスWAN内蔵モデル 新登場

NTTドコモのFOMA通信エリア内ならどこでも、最大3.6Gbpsという快適なスピードでインターネットに接続できる「FOMA(R) HIGH-SPEED ワイヤレスWAN」。タフブックCF-H1に、そのワイヤレスWANに接続できる端末を内蔵した新モデルが登場しました。訪問看護や救急救命医療など、病院を離れた場所でもスマートにインターネット接続し、病院のシステムへアクセスすることができます。先進的な医療サービスの実現に貢献します。

タフブックCF-H1

CF-H1の特長

CPU インテル® Atom™ プロセッサーZ540(1.86GHz)
メモリー 1GB
ハードディスク 80GB
モニター 10.4型TFTカラー液晶XGA(AR処理デュアルタッチ機能付き)
外形寸法 幅264mm×奥行268mm×高さ58-34mm(ストラップ除く)
質量 約1.5kg(ストラップ含む)