Transnasal Endoscopy.2007Nikkei Medical Online静岡赤十字病院 経鼻内視鏡センターにおける前処置法
経鼻内視鏡検査で最も重要なのは前処置である、といわれる。そこで、国内だけでなく、欧州各地でもデモンストレーションを行って、経鼻内視鏡検査の浸透に 尽力している静岡赤十字病院(静岡市)の経鼻内視鏡センター長である川田和昭氏に、具体的な前処置の方法とそのポイントについて聞いた。

ツーステップス法の実際

 現在、経鼻内視鏡検査の前処置法としては、「ツーステップス法」が最も確実な前処置法と考えられる。前処置を開始する前に、まず以下の点を問診で確認する。


検査開始約15分前

(1)消泡剤・胃粘液除去剤の服用
目的:胃内・胃壁の観察をしやすくする
 ガスコン水(ガスコンドロップ40mLを水1000mLに溶かしたもの)約180mLにプロナーゼ1包(2万単位)と炭酸水素ナトリウム1gを加え、最初に飲んでもらう。
 これだけでは飲みにくいという声が多かったため、成分栄養用のフレーバー1/3包を加えている。
(2)硝酸ナファゾリンを両鼻腔に噴霧
目的:鼻腔粘膜の血管を収縮させ、浮腫を軽減させることで鼻腔を広げ、また鼻出血を予防する
 両方の鼻腔内に0.05%硝酸ナファゾリン(プリビナ)を2〜3回ずつ、ジャクソン型スプレーを用いて噴霧する。
(3)挿入鼻腔の選択
 被験者に人差し指で鼻翼を交互に押さえてもらいながら、通りのよい側の鼻腔を選んでもらう。

検査開始約10分前

(4)塩酸リドカインビスカスを鼻腔内に注入
目的:鼻腔内表面麻酔と咽頭麻酔
 選んでもらった側の鼻腔に2%の塩酸リドカインビスカス(キシロカインビスカス)4mLを、シリンジを用いて2〜3回に分けてゆっくりと注入する。咽頭に流れ込んだビスカスは嚥下してもらう。

 約5分後に2%の塩酸リドカインゼリー(キシロカインゼリー)を薄く塗った14Frスティックを挿入して1分間留置。次に同様の処理をした18Frスティックに8%の塩酸リドカインスプレー(キシロカインスプレー)を2〜3回噴霧、スティックを軽く振ってアルコール分をとばしてから挿入する。やはり1分間留置した後、抜かずに、検査用ベッドに移動してもらう。

前処置のポイント

前処置の流れ