・現病歴
 人間ドックにて経鼻内視鏡検査を施行(フジノン東芝ESシステム社製EG-530Nスコープ)し、胃異常所見を指摘された。
・内視鏡所見
 胃体下部後壁に、中心に陥凹成分、一部白苔を有する隆起性病変を認めた。悪性を疑われたため、病変部より生検施行。ご本人に、悪性疾患の可能性があり、手術等が必要である旨を説明し、同意を得て精密検査の意味で2週間後に経口内視鏡検査(オリンパス社製Q-260スコープ)を施行。
・経過
 生検では高分化型腺癌を認めた。診断は早期胃癌(IIc)、幽門側胃切除術施行された。

前のページへ ウィンドウを閉じる