ロコモティブシンドローム(ロコモ)の認知度向上を目指し、日本整形外科学会は2007年より様々な形でロコモの啓発活動を進めている。2016年4月には子供の運動器の問題に対処するため、運動器検診が始まった。日本臨床整形外科学会会員を対象に行ったアンケート調査の内容を紹介する。

運動器検診とロコモの画像

ログインして全文を読む