ここ数年、新たな生物学的製剤やヤヌスキナーゼ(JAK)阻害薬が登場し、関節リウマチの治療は再び変化の時を迎えている。できるだけ早期から治療を開始する戦略に変わりはないが、増えた選択肢をどのように活用していけばよいのか。改めて関節リウマチ診療の流れをまとめた。

関節破壊を起こさないリウマチ治療戦略の画像

ログインして全文を読む