ここ20年で注意欠如多動性障害(ADHD)の患者数は増加した。その理由として、公益社団法人発達協会王子クリニック院長の石崎朝世氏は、「ADHDが一般にも周知され受診者が増えたこと、薬物治療の普及、支援制度や福祉が充実したことなどがある」と説明する。

異なる作用機序の3剤がそろい、病態に応じて使い分けが可能にの画像

ログインして全文を読む