日本循環器学会の調査によると、国内の心房細動(AF)患者数は現時点で約90万人と推計されている。しかし、済生会熊本病院心臓血管センター循環器内科不整脈先端治療部門最高技術顧問の奥村謙氏は、「この推計患者数は健診データを基に算出されたもので、高齢者人口の増加なども加味すると、潜在患者は200万人以上とも考えられる」と指摘する。

NOAC継続投与の安全性はワルファリン継続投与と同等以上の画像

ログインして全文を読む