細菌由来のエンドトキシン(細菌内毒素)は強力な肝障害因子。近年、腸管の物質透過性が障害されることで血中エンドトキシン量が上がり、非アルコール性脂肪肝疾患(NAFLD)の発症に関わることが明らかになってきた。

NAFLDの発症・進行の背景に腸管透過性の亢進の画像

ログインして全文を読む