日本骨粗鬆症学会会員施設を対象に、骨吸収抑制薬および顎骨壊死(ARONJ)に関するアンケートを実施したところ、正しい知識の普及と医科と歯科の適切な連携についてはまだ不十分な現状が浮き彫りになったことを、10月6〜8日に開催された第18回日本骨粗鬆症学会で、松本歯科大学歯科放射線学教授の田口明氏が報告した。

骨吸収抑制薬関連顎骨壊死で医科と歯科の連携はまだ不十分の画像

ログインして全文を読む