近年、加齢による骨格筋の減少であるサルコペニアが注目されている。独立した疾患ではないが、高齢者の運動機能に大きく影響し、ロコモティブシンドロームの原因としても重要視されている。サルコペニアが四肢のみならず腰椎疾患や腰痛にも影響を及ぼすことが示されている。

腰を診る──サルコペニアを中心にの画像

ログインして全文を読む