現在、我が国では人口の高齢化に伴い心房細動(AF)患者数が急増しており、2030年には100万人を超えると予測されている。非弁膜症性心房細動(NVAF)に起因する心原性脳塞栓症(CE)は、重症化しやすく予後不良であり、適切な抗凝固療法を行って、その発症を予防することが重要である。

NOAC初の中和剤によって緊急時の安心感が増加の画像

ログインして全文を読む