肺癌の薬物療法は、EGFRやALKといったドライバー遺伝子の異常を標的にした薬剤の開発で大きく進展した。しかしこれらの薬剤に耐性を獲得した癌や、ドライバー遺伝子変異が見つからない肺癌に対する、新たな治療戦略が求められている。

EGFR、ALK、そして免疫療法への画像

ログインして全文を読む