ヒューマンサイエンス振興財団が2014年に行った国内基盤技術調査「60疾患の医療ニーズ調査と新たな医療ニーズ」では、内科医師の治療満足度が最も低いのはアルツハイマー病、最も高いのは高血圧症となった。薬剤の貢献度が最も高いのも、高血圧症だった。

内科医の治療満足度が一番低い疾患はアルツハイマー病の画像

ログインして全文を読む