糖尿病や透析患者で、重症下肢虚血(CLI)に至る患者が増加している。CLIによる下肢切断を防ぐには、血管内治療(EVT、写真左)かバイパス術(写真右)による血行再建と創傷治療が不可欠だ。大切断に至った患者の予後は不良であることから、CLIに進行させない管理が求められている。

重症下肢虚血を救えの画像

ログインして全文を読む