変形性膝関節症の骨病変についての病態解明が進んでいることを、第43回日本関節病学会で、順天堂大学整形外科・運動器医学准教授の石島旨章氏が報告した。

ログインして全文を読む