関節リウマチ(RA)患者の情報収集を目的に2002年に開始された「NinJa(National Database of Rheumatic Diseases by iR-net in Japan)2014年度版」のデータを解析したところ、RAとロコモーティブシンドローム(以下、ロコモ)は高頻度に合併していることが明らかになった。11月5〜6日に開催された第43回日本関節病学会で、東京大学整形外科の小山卓摩氏が発表した。

ログインして全文を読む