高齢者の下肢痛もふらつきも歩行障害の原因となり、移動機能が損なわれるロコモティブシンドローム(以下、ロコモ)の原因となり得る。ロコモの概念を認識し、その一部として下肢痛やふらつきを検討することで、高齢者のロコモからの脱出の一助になると考えられる。

神経を診る──下肢痛とふらつきの画像

ログインして全文を読む