糖尿病と癌が併存すると治療は難しくなる。一方で糖尿病罹患中のHbA1cやヘモグロビン値の増減は癌を早期発見する契機にもなる。癌の生涯罹患リスクは2人に1人。糖尿病の治療中に癌を罹患する割合は高い。もはや新たな合併症と呼んでもいい時代が到来している。

癌は糖尿病の“新たな合併症”の画像

ログインして全文を読む