加齢に伴う身体的・精神的・社会的な問題を抱えた高齢の糖尿病患者では、状態をさらに悪化させる低血糖を防止するための管理が重要だ。日本糖尿病学会の「熊本宣言2013」では、治療強化が困難な際の目標としてHbA1c 8.0未満が提示されたが、まだまだ低血糖の頻度は多いようだ。どのように管理を行っていけばよいのだろうか。

低血糖回避を中心に総合的な管理をの画像

ログインして全文を読む