多発性硬化症(MS)は、中枢神経系の自己免疫性脱髄疾患で、神経細胞軸索の髄鞘が変性・脱落して神経障害が生じる。脳、脊髄、視神経に病変が散在する「空間的多発性」と、再発・寛解を繰り返す「時間的多発性」によって診断される。…

挙児希望患者にも安全な治療薬が望まれるの画像

ログインして全文を読む