近年、進行・再発胃癌の初回化学療法は全生存期間(OS)を着実に延長してきており、1990年代の約6カ月に対し、99年のS-1(商品名「ティーエスワン」)承認以降は12カ月を超えるようになった。…

選択肢の増加でより治療の戦略性が求められるの画像

ログインして全文を読む