2014年1月、我が国初となる大腸カプセル内視鏡システム「PillCam COLON 2」による検査が保険収載された。大腸疾患を疑う場合、粘膜の観察のため、一般に大腸内視鏡検査を行う。内視鏡検査を施行困難な患者に対し、カプセル内視鏡検査を行う。

大腸癌スクリーニングで使用広がるの画像

ログインして全文を読む