心疾患リスク因子を有する日本人高齢者に低用量アスピリンを投与しても、心血管イベントの一次予防効果は低いことが示された。Japanese Primary Prevention Project(JPPP)試験の結果として、新小山市民病院(栃木県小山市)の島田和幸氏らが報告した。

アスピリンの心血管疾患一次予防、日本人での効果は低いことが判明の画像

ログインして全文を読む