パーキンソン病は振戦、筋固縮、無動、姿勢反射障害などの運動障害を伴う神経変性疾患である。我が国の患者数は15万〜20万人と推定されている。

運動合併症に対する非ドパミン系新機序薬が登場の画像

ログインして全文を読む