C型肝炎治療の目標は、肝癌の発症や肝硬変への進行を抑制し、予後を改善すること。これを達成するために抗ウイルス療法を行い、C型肝炎ウイルス(HCV)の体内からの排除が図られてきた。

新規経口薬の登場で治療対象が広がるの画像

ログインして全文を読む