患者本人の筋肉から採取した細胞をシート状に培養し、弱った心臓部位に移植する再生医療が、特発性心筋症などの重症心不全患者30人に実施され、成果を上げている。iPS細胞から心筋細胞を再生する研究も進行中だ。

細胞シートによる心筋再生が実用化の一歩手前にの画像

ログインして全文を読む