関節リウマチ(RA)の寛解率は、生物学的製剤(バイオ製剤)の登場で高まった。その一方、薬剤費や副作用の問題が指摘され、同製剤を導入した患者が休薬するバイオフリーへの期待が高まっている。今回、リウマチ分野では初の日韓共同臨床試験であるENCOURAGE Studyを実施した東京女子医科大学の山中寿氏に、結果の概要とRA治療の方向性について解説してもらった。

生物学的製剤を休薬しても寛解を維持できる意義は大きいの画像

ログインして全文を読む