沖縄県の麻疹流行が新たな局面を迎えた。県が4月10日時点でまとめたところ、初発例が確認されてから20日余りで患者数は38人にのぼった。4月7日以降、家族内感染の可能性が高い患者が3人、職場内感染の可能性がある患者も1人と、三次感染例とみられる症例の報告が続いている。

沖縄県の麻疹流行、三次感染例もの画像

ログインして全文を読む