沖縄県麻疹流行が拡大している。4月3日までに確認された患者は18人となり、中には見送りのため那覇空港国内線を利用した患者もいた。このため県外へ麻疹が広がる可能性も指摘されている。沖縄県は、県内全域で感染の兆候が見られる場合の「レベル3」に引き上げ、対応に当たっている。

麻疹患者に那覇空港の利用歴も、県外拡大の懸念の画像

ログインして全文を読む