金沢市内で、インドに滞在歴のある30歳代男性を発端とする麻疹の集団感染が発生した。初発患者が入学式に参加していた小学校の教員からも陽性者が確認され患者は4人となった。中には「近医を受診し風邪と診断」されていた患者もおり、金沢市は再度、医療機関に対して注意喚起した。また、小学校の教員に対しても感染の可能性があるとし、麻疹が疑われた場合は必ず事前に医療機関に連絡し、その指示に従って速やかに受診するよう呼び掛けている。

金沢市で麻疹集団感染、風邪と診断されていた陽性者もの画像

ログインして全文を読む