帰国後に麻疹と診断された患者の報告が相次いでいる。金沢市は4月11日、インドに滞在していた30歳代男性が麻疹と判明したことを発表。患者が利用した交通機関や医療機関などで接触した人は麻疹に感染している可能性があるとして、注意を呼び掛けた。患者は、短時間だったが小学校の入学式に参列していたことも分かっている。

インドから帰国の男性が麻疹に、入学式に参加の画像

ログインして全文を読む