大阪府は4月7日、関西国際空港内の事業所に勤務する20歳代女性が麻疹と確認されたと発表した。3月28〜30日に同空港を利用した人は、麻疹に感染する可能性があるとし、疑われる症状がある場合は、事前に電話で連絡したうえで医療機関を受診するよう呼び掛けている。

関空の職員に麻疹患者、大阪府が注意呼びかけの画像

ログインして全文を読む