8月から9月にかけて、関西国際空港や兵庫県の保育園で麻疹の集団感染が発生。報告数は8月以降、98例と急増し、9月11日までの合計で115例となった。その患者背景を見ると、20歳代から30歳代前半が過半数を占めており、ワクチン接種歴「不明」「なし」が合わせて64%と高率であることも明らかになった。

【解説】麻疹患者115例の背景に見えてくるものの画像

ログインして全文を読む