横浜国立大学は9月18日、職員の1人に麻疹患者が確認されたと発表した。発症日は9月15日で、接触した可能性のある職員には、これまでのところ感染は確認されていないという。学生は夏季休業中のため、接触者はいなかった。

横浜国立大学で教員に麻疹患者を確認の画像

ログインして全文を読む