麻疹発症中の19歳男性が、8月14日に千葉県幕張メッセで開催されたコンサートに参加していたことが明らかになったのが8月25日。以後、8月30日には関西国際空港の接客担当の従業員が感染していることが確認され、さらに翌8月31日には、東京・立川市で8月26日に開かれた200人規模のイベントに麻疹患者が参加していたことが判明した。また大阪府は9月4日、8月27日に麻疹と診断された30歳代男性が8月28日に、関空対岸にある「りんくうプレミアム・アウトレット」とその周辺施設を訪れていたことを明らかにした。9月6日時点で最大潜伏期間の12日間を過ぎたのは幕張メッセのみ。いつなんどき麻疹疑い例が受診してもおかしくない状況は続いている。

【解説】麻疹の広域的感染で今、注視すべき感染起点はの画像

ログインして全文を読む