大阪府は9月4日、関西国際空港で発生した麻疹アウトブレイクで新たに3人の患者が確認されたと発表した。患者の中には救急隊員や医師も含まれ、従業員以外に感染者が確認されたのは初めてとなる。また、関空のアウトブレイクとの関連は不明だが、8月27日に発症した30歳代の男性が翌日、関空の対岸にある商業施設を訪れていたことも明らかになった。

関空の麻疹アウトブレイク、新たに3人の患者、医師や救急隊員もの画像

ログインして全文を読む