関西国際空港で発生した麻疹アウトブレイクで、新たに5人の患者が確認された。これで、これまでの麻疹検査の陽性者は31人となった。大阪府は、陽性者が続発していることから、8月17日から30日としてきた対象期間を改め、31日以降の空港利用者にも対象を広げ、注意を呼び掛けている。

【続報】関空の麻疹アウトブレイク、新たに5人を確認、患者は31人にの画像

ログインして全文を読む